簡単まとめ

Robertのシニョリッジシェア論文を読んでみる8

更新日:

本稿について

Robert SamsのA Note on Cryptocurrency Stabilisation: Seigniorage Sharesを読みます。

今回の範囲は「Solving the Other Problem」の序文です。原文はこちらになります。

スポンサードサーチ

今回のまとめ

  • エラスティックなコイン供給スキームを実装する際の2つ目の問題点、すなわち「最小限の信頼を必要とする方法でいかにしてネットワーク内部でコイン価格Piを表現するか?」に関しては、「外因性のモデル」か「内因性のモデル」かのいずれかで解ける可能性がある。
  • 外因性のモデルにおいてコイン価格は何らかの商品/資産のインデックスで表現できると仮定する。

※以下、今回まとめた範囲の和訳になりますので詳細をご覧になりたい方は読み進めてください。

もう一つの問題の解決(Solving the Other Problem)

現時点では私たちのネットワークはPiは何であるかについてコンセンサスを形成するメカニズムがあることだけを仮定する。これ自体、別々の難しい問題である。この問題を解けるかもしれないと思う方法についてラフスケッチを示す。

まず、2つの設計の系があると考える。一つはPiに関する「外因性の(exogenous)」データソースと協調するもので、もう一つはこのネットワーク自体に真に「内因性の(endogenous)」情報の観点からPiを定義するもっと厳密な戦略である。

Piのタイプがどんなものであるかを定めることなく、このメモではちょっとした「外因性の」設計の仮定を置く。アイデアは次のようなものだ。Piは何らかの特定の価格インデックスとして、

のように定義される。ここでpjn個の特定の商品/資産のうちの一つのコイン市場価格、wjはそのインデックスの重みである。例えばインデックスは商品バスケット(原油、小麦、銅など)のコイン価格からなるとしよう。ここでの目標は予め定義された何らかのPiのターゲットレベル、例えば全てのii番目のリベース期間)ついてPi 1に関して安定なコイン価格を形成することである。

Robertのシニョリッジシェア論文を読んでみる7 ←← 前)|(次 →→ Robertのシニョリッジシェア論文を読んでみる9

免責

邦訳には誤りがある場合がございます。予めご承知おき下さい。

確実な情報を知るためには冒頭に示した原文をご参照くださいますようお願いいたします。

-簡単まとめ
-, , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。