ホワイトペーパー

Zilliqaポジションペーパー日本語訳1

更新日:

本稿について

本稿では、The Zilliqa Project: A Secure, Scalable Blockchain Platformの「A. Executive Summary」の日本語訳を掲載します。

原文はこちらになります。

スポンサードサーチ

Zilliqaプロジェクト:セキュアでスケーラブルなブロックチェーンプラットフォーム

本資料は公的文書が発行されるまで法的拘束力を有しません。内容は変更される可能性があります。

The Zilliqa Team Version 1.0 May 2018

免責条項

本資料は情報提供のみを目的としており、あらゆる法域において証券の募集またはその他何らの金融商品や投資商品を構成または意図するものではありません。

Anquan CapitalとZilliqa Researchは、(1)本資料に含まれるいかなる情報についての信頼(2)情報の誤りや省略、不正確さ(3)それらに起因するいかなる行動から直接的または間接的に生じるいかなる損害や損失についてあらゆる人物に対して何らの義務や責任を負いません。

A. エグゼクティブサマリ

ブロックチェーンプラットフォームはコンセンサスコンピュータ、つまり有益なタスクを実行するコンピュータの分散型ネットワークの概念を生み出している。これらのプラットフォームが直面している最も逼迫した問題の一つがスケーラビリティの欠如である。スケーラビリティとは、ネットワークの成長に伴ってより多くのトランザクションを毎秒処理する能力である。次世代のインターネットスタイルのアプリケーションをスケールするという大志に既存のブロックチェーンがどれほどのハンデを負っているかについては多くの研究が記されているところである。よく引き合いに出される例は、今日のBitcoinやEthereumでは3~7TX/sであり、一方で中央集権的なオペレータ(VISAやMasterCardなど)により決済処理の需要は数千TX/sのサポートが求められるというものである。

Zilliqaはオープンでパーミッションレスな分散型ネットワークでセキュアにスケールするように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームである。Zilliqaをスケーラブルたらしめる中核機能はシャーディングである。シャーディングとは、ネットワークをトランザクションの並列処理ができる小規模ないくつかのネットワークに分割するものである。結果として、Zilliqaのトランザクション処理速度はマイニングネットワークが拡大するにつれて上昇する。ZilliqaはVISAやMasterCardのような従来の中央集権的な決済手段に匹敵することを狙っている。事実、ネットワークサイズが10000ノードであれば、ZilliqaはVISAやMasterCardの平均トランザクション処理速度と同等のスループットを出すことができ、かつ事業者にはるかに安い手数料で提供できるというアドバンテージもついてくる。

Zilliqaはプルーフオブワーク(PoW)を利用してアイデンティティを確立し、シャーディングを実行する。しかし、いくつかの既存ブロックチェーン(EthereumやBitcoinなど)と異なり、Zilliqaはコンセンサス形成のためにPoWを用いるわけではない。これによりいくつかのアドバンテージを提供できる。

  1. 例えば数百ブロックごとにPoWを実行することができる。この結果、PoWにしばしば絡んでくる膨大なエネルギー消費はZilliqaには当てはまらない。実際、Zilliqaノードの稼働コストは今日のEthereumノードの稼働コストの1/10程度であると見積もっている。
  2. マイナーは1回のPoWでいくつかのブロックについてコンセンサスを形成するので、変動幅が小さくさらに安定した支払いを保証する。

さらに、前例のないZilliqaのスループットはトランザクションごとの処理手数料を非常に小さくできることを示唆している。今日の有名なブロックチェーンの多くで、ユーザは毎秒処理される僅かなトランザクションの枠を取り合わなければならない。その結果、手数料が少ない可不十分なトランザクションは処理遅延に陥ることになる。このような問題は、Zilliqaでは毎秒のトランザクション処理数が数百を超えるので劇的に緩和される。

Zilliqaはシャーディングフレンドリな形式検証可能な言語のスマートコントラクトプラットフォームをサポートする。つまり、ユーザはプログラムを並列処理することができ、マイニングネットワークの計算キャパシティ全体を有効活用できる。例えばZilliqaプラットフォームでは、ユーザは分散型広告ネットワークやDEXの構築、並列オークションの実施、MapReduceスタイルのトレーディングアルゴリズムの実装、シェアードエコノミーの実行などができる。

Zilliqaチームはプリンストンやバークレー、フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA)、シンガポール国立大学(NUS)等を含む世界最高峰の大学や研究機関から博士号を有するコンピュータサイエンティストらで構成されている。また、セキュアなソフトウェアのシステム構築専門で長年の経験を持つ開発者もいる。プロジェクトのアドバイザには、サイバーセキュリティ・テクノロジーアントレプレナー・バンカー分野で世間に認められた学者や、暗号コミュニティの最先端をいく専門家らが参加している。Zilliqaチームは2015年に学術論文でシャーディングの理論を提案し、それ以来このプロトコルは研究・改善・精力的に開発中である(シンガポールを拠点とするテクノロジーに造詣の深い企業であるAnquan Capital Pte Ltdを通じて行われている)。Zilliqaのインフラは金融サービスセクタ、例えばOTC証券市場ではこれまで実現できなかった透明性と効率性を実現することに試用されている。

世界各地からの多大なる支援のお陰で、私たちは無事にトークン生成イベント(TGE)を2018/1までに行い、早期貢献者とコミュニティ貢献者から約2200万USドルを募ることができた。これらの資金調達で、最低でも3年間は研究や開発、プロジェクトのオペレーションをサポートできると見立てている。

以降、私たちはソースコードをhttps://github.com/Zilliqa/Zilliqaで、エクスプローラー付きのテストネットをhttps://explorer.zilliqa.com/で、ウォレットをhttps://wallet.zilliqa.com/でリリースした。私たちはZilliqaプラットフォームに非常にスケーラブルでセキュアなブロックチェーンアプリケーションを導入できるよう、コミュニティやパートナーたちと密に連携を取って働くことを楽しみにしている。

|(次 →→ ZILLIQAポジションペーパー日本語訳2

免責

邦訳には誤りがある場合がございます。予めご承知おき下さい。

確実な情報を知るためには冒頭に示した原文をご参照くださいますようお願いいたします。

-ホワイトペーパー
-, , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。