ホワイトペーパー

Liquidホワイトペーパー日本語訳10

更新日:

本稿について

BlockStream開発のLiquid(Strong Federations)のホワイトペーパー、最終更新日: 2017/1/6時点のものを対象とします。本稿では「VI. Evaluation」の「C. Backup Withdrawal」と「D. Availability and Denial of Service」と「E. Hardware Failure」の日本語訳を掲載します。

原文はこちらになります。

スポンサードサーチ

6. 評価(続き)

C. バックアップ引出し

Strong Federationの実装であるLiquidのブロックチェーンは公に検証可能であり、そして原則として、Liquid内のbitcoin保有者はLiquidネットワークが(DoS攻撃などのせいで)停止している状況であってもBitcoinチェーンに自身のコインを戻すことができて然るべきである。

これを実現する最も単刀直入な方法は警備員がタイムロック付きのBitcoinトランザクションを発行するというもので、これにより本来のコイン保有者に戻る。しかし、これはネットワークが全停止した場合、タイムロック付きのトランザクションが無効になるほどの速度でしか受信者を更新できず、これには数時間から数日もかかってしまうだろう。Liquidチェーンにおける実際のコイン保有者はこの間に何回も変更になるので、このソリューションは機能しない。Bitcoinはこれ以上に高い精度で所有権を証明する手段をもたらさない。

しかし、ネットワーク参加者やファンクショナリー、外部の監査者の大多数によりコントロールされる"バックアップ引出しアドレス"を設定することはできる。Liquidが停止した場合は、このようにして影響を受けたパーティが全体で適切なアクションを取ることを決定できる。

D. 可用性とDoS(Denial of Service, サービス妨害)

Strong Federationにおいてブロックに署名する際、2つの独立した閾値が存在する。それは、署名の閾値と事前コミットの閾値である。前者の署名の閾値はネットワークの変更不能な特性であり、耐性を考慮して設定されるだろう。また、通常時はオンラインにならないバックアップのブロック署名者をサポートするより高度なポリシーに合わせて調整される可能性がある。一方で後者の事前コミットの閾値は署名者自身のみによって決定され、高い水準に設定(初恵美社の匿名性が求められる場合でも)されてネットワークの状態に応じて必要であれば変更されるだろう。これはネットワークのブロック署名ルールにより原理的にビザンチンな攻撃者がフォークを引き起こすことができる場合であっても、ブロック署名者が十分に高い事前コミットの閾値を設定しているとすれば、実際的には悪意あるユーザは(最悪の場合でも)ネットワークのサービス妨害を起こすに留まるということを意味する。

ソフトウェアのバグやハードウェアの故障は一つのファンクショナリーを機能停止を引き起こすので、そのファンクショナリーは一時的に機能しなくなる。このような参加者はもはやコンセンサスプロトコルに参加したり、Bitcoinチェーンへの引き出しを承認することはできない。十分な数のファンクショナリーが故障して署名の閾値を満たせなくならない限り、ネットワークには影響しない6。このような場合は機能停止期間中は資金移動(サイドチェーン内あるいはBitcoinチェーンへの戻し)ができなくなる。故障したファンクショナリーが完全なオペレーションに復帰すると、ネットワークは資金のリスクなく動き続ける。

脚注6:ファンクショナリーのダウンタイムはスループットパフォーマンスの劣化を引き起こす。各ラウンドで必ず署名者の順番を"逃す"からである。

E. ハードウェア故障

ブロック署名者にハードウェア故障が起きて暗号鍵が復元不能な場合、全体のネットワークはブロック署名者の入れ替えを許可するよう署名ルールの変更に同意しなくてはならない。

はるかに深刻なシナリオは警備員の故障に関連するものである。というのも、警備員の鍵はBitcoinネットワークで利用されており現行のBitcoinの署名セット外でハードフォークすることはできないからだ。もし故障した警備員が一つだけであれば、その警備員を新しい警備員に置き換えて、他の警備員が新しい警備員の鍵が守るところにロックされたコインを移動できる。しかし、あまりに多くの警備員が一度に故障してしまい鍵を失ってしまうと、bitcoinは取り返しがつかなくなる。第6章のCで述べたように、このリスクはバックアップ引き出しメカニズムの手法で緩和可能である。

防止機構には警備員の鍵マテリアルの抽出とバックアップ引出しも含まれているので、このような故障が起きた場合でもbitcoinを復元できる。抽出した鍵の暗号化は、元の所有者か独立の監査者だけが確認できることを保証する。これは、個々の警備員オペレータ(あるいは警備員に物理的にアクセスできる何者か)がサイドチェーン外部で操作に利用できる鍵マテリアルを抜き出してしまうのを防ぐ。

Liquidホワイトペーパー日本語訳9 ←← 前)|(次 →→ Liquidホワイトペーパー日本語訳11

免責

邦訳には誤りがある場合がございます。予めご承知おき下さい。

確実な情報を知るためには冒頭に示した原文をご参照くださいますようお願いいたします。

-ホワイトペーパー
-, , , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。