ホワイトペーパー

COSMOSホワイトペーパー日本語訳4

投稿日:

本稿について

COSMOSのホワイトペーパー、最終更新日: 2018/4/7時点のものを対象とします。本稿では「The Hub and Zones」の日本語訳を掲載します。

原文はこちらになります。

スポンサードサーチ

ハブとゾーン

非中央集権性とスケーラビリティの最新モデルを説明する。CosmosはTendermintにより動く多数のブロックチェーンのネットワークである。既存の提案は完全でグローバルなトランザクション順序による単一ブロックチェーンの想像を目的としているのに対して、Cosmosは多数のブロックチェーンが相互運用性を維持しつつ次から次へと同時に動くことができる。

基本的に、Cosmosハブは「ゾーン」(「シャーディング」というデータベーススケーリング手法の観点からは「シャード」と呼称されることもある)という多数の独立したブロックチェーンを管理する。ゾーンからハブに送信される最新のブロックコミットの普遍的な流れによりmは分は各ゾーンのステートに追いつくことができる。同様に各ゾーンもハブのステートに追いついくことができる(しかしゾーン同士は間接的にハブを介する場合を除いて互いに追いつくわけではない)。それから情報のパケットの通信が一方から一方へと行われる。これは情報の送受信の証拠としてマークル証明を送信することで行う。このメカニズムをブロックチェーン間コミュニケーション、略してIBCという。

どのゾーンもハブとなって非巡回グラフを形成することができるが、簡明のため、1ハブ+ハブでない複数のゾーンの単純な設定についてのみ説明する。

ハブ

Cosmosハブはマルチアセットの分散元帳をホストするブロックチェーンで、個々のユーザまたはゾーン自体がトークンを保有できる。これらのトークンは「コインパケット」と呼ばれる特殊なIBCパケットで片方のゾーンからもう一方のゾーンへと移動させることが可能だ。ハブはゾーン全体で各トークンの総量が不変であることを保証する役割を担う。IBCコインパケットトランザクションは送信側のブロックチェーン、ハブ、受信側のブロックチェーンによりコミットされなければならない。

Cosmosハブがシステム全体に関して中央の元帳としてふるまうので、ハブのセキュリティは最も重要である。各ゾーンが4つ程度(BFTコンセンサスが不要であればそれ以下かもしれない)のバリデータで安全保障されるTendermintブロックチェーンかもしれないが、一方でハブは大陸ネットワーク分断や国家をバックとする攻撃などの最も厳しい攻撃シナリオに耐えることが可能なグローバルに非中央集権化されたバリデータセットが安全保障せねばならない。

ゾーン

CosmosゾーンはIBCメッセージをハブと交換する独立のブロックチェーンである。ハブから見ればゾーンはマルチアセット・動的メンバーシップ・マルチシグのアカウントであり、IBCパケットを利用してトークンを送受信できるものである。暗号通貨アカウントと同様に、ゾーンは所持している以上のトークンを移転することはできないがトークンを持っている他者から受け取ることはできる。ゾーンは1つ以上のトークン型の「ソース」に指定される可能性があり、トークン供給をインフレさせる力を付与する。

Cosmosハブのatomは、ハブに接続するゾーンのバリデータによりステークされる可能性がある。これらのゾーンにおいて二重支払い攻撃を行うとTendermintのフォークアカウンタビリティによりatomを減らされることになるが、>2/3の投票パワーがビザンチンであるゾーンでは不正なステートをコミットできる。Cosmosハブは他のゾーンにコミとされたトランザクションを検証したり実行したりすることができないので、ユーザが信頼するゾーンへのトークン送信はユーザの責任である。将来的にCosmosハブのガバナンスシステムはゾーンの故障に対応するハブ改善提案を通過するようになるかもしれない。例えばいくつかの(あるいは全ての)ゾーンからのアウトバウンドトークン移転は、攻撃が検知された場合はゾーンの緊急サーキットブレイク(トークン移転の一時的停止)ができるよう調整される可能性がある。

COSMOSホワイトペーパー日本語訳3 ←← 前)|(次 →→ COSMOSホワイトペーパー日本語訳5

免責

邦訳には誤りがある場合がございます。予めご承知おき下さい。

確実な情報を知るためには冒頭に示した原文をご参照くださいますようお願いいたします。

-ホワイトペーパー
-, , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。