ホワイトペーパー

Golemホワイトペーパー日本語訳3

更新日:

 本稿について

本稿では、The Golem ProjectのCroudfunding Whitepaper final versionのうち「Overview of the Golem Project」の「Golem Network Token(GNT)」の日本語訳を掲載します。

原文はこちらになります。

Golem Network Token(GNT)

Golem Network Token("GNT")アカウントはGolemの中心的な構成要素で、柔軟性と当プロジェクトの将来の進化に対する統制を確保するために設計されています。GNTはクラウドファンディング期間中(このホワイトペーパーで説明)に作成され、Golemの最初のメジャーリリースに続いて、GNTはGolemネットワークの様々な機能に帰属します。

  • リソース使用に関するリクエスタからプロバイダへの支払いとソフトウェア開発者への報酬は完全にGNTのみで行われるでしょう。
  • ひと度アプリケーションレジストリとトランザクションフレームワークが実装されると、GNTはその他のGolemとのインタラクションにも必要となるでしょう。例えば、プロバイダやソフトウェア開発者による預金の送信や、ソフトウェア検証と承認のプロセスへの参加(既にアプリケーションレジストリのセクションで説明)などが挙げられます。
  • GNTの一般的な利用条件はトランザクションフレームワークにて設定されますが、これらのインタラクションの具体的な変数は各ソフトウェアの統合の中で定義することもできるでしょう。

GNTの供給量は、クラウドファンディング中に作成されるトークンプールに限定されます。

GNTの作成と初期のGNTアカウント機能

  • Golem Network TokenはEthereumプラットフォーム上のトークンです。その設計は広く採用されているトークン実装標準に従います。これにより、Ethereumウォレットを含む既存のソリューションの仕様を容易に管理することができます。
  • クラウドファンディング期間中に作成されるトークンの最大数:
    • 合計:1,000,000,000(100%)
    • クラウドファンディング参加者:820,000,000(82%)
    • Golemチーム:60,000,000(6%)
    • Golem Factory GmbH:120,000,000(12%)
  • 1ETHをGNTアカウントへ送付することで、1,000GNTが作成されます。
  • クラウドファンディング期間後の鋳造(minting)または採掘(mining)ではトークンは作成されません。
  • クラウドファンディングが成功裏に終わればトークンを譲渡することができます。

クラウドファンディングのセクションにて詳細並びにクラウドファンディングによるGolemプロジェクトサポート方法をご確認ください。

次稿に進む

前稿に戻る

スポンサードサーチ

免責

邦訳には誤りがある場合がございます。予めご承知おき下さい。

確実な情報を知るためには冒頭に示した原文をご参照くださいますようお願いいたします。

-ホワイトペーパー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。