ホワイトペーパー

Zilliqaポジションペーパー日本語訳5

更新日:

本稿について

本稿では、The Zilliqa Project: A Secure, Scalable Blockchain Platformの「D. Comparison to Existing Techniques」と「E. Sample Applications Enabled By Zilliqa」の日本語訳を掲載します。

原文はこちらになります。

スポンサードサーチ

D. 既存の技法との比較

既存ブロックチェーンのトランザクションスループットをスケールアップするための多くの提案が出された。例えば、もとのBitcoinのプロトコルのパラメータを再調整したり(ブロックサイズを増やすなど)、できるだけ多くの計算をオフチェーンに移したり(マイクロペイメントチャネルやライトニングネットワークなど)、ブロックチェーンの階層構造を作ったり(サイドチェーンなど)がそれである。だがこれらの中にブロックチェーンのプロトコル自体を直接的によりスケーラブルにするものは一つもない。Zilliqaがターゲットとするのはスケーラビリティ問題の核心部分、ブロックチェーン自体である。とは言ってもこれらの全てのスケーリングメカニズムはさらにスループットをスケールするためにZilliqa上で利用することができる。

ZilliqaはBitcoin-NG[2]、CoSi[5]、ByzCoin[3]、Elastico[1]の提案に着想を得たアイデアを基にしている。スケーラビリティのゴールは、ネットワークシャーディングやマルチシグによる安全かつ効率的なコンセンサスプロトコルからコンピュテーショナルシャーディングや検証可能なスマートコントラクト言語までのZilliqaの別々のレイヤ全体を通して内在的なものである。スケーラビリティの妨げとなるレガシーなブロックチェーン設計やプロトコル、トランザクションフォーマットやブロックフォーマットを捨て去り、Zilliqaには既存のパブリックブロックチェーンよりも数百倍、数千倍のスケーラビリティを実現する前途有望な軌跡がある。

E. Zilliqaが可能とするサンプルアプリケーション

少々例を挙げると、自動オークションやフィナンシャルモデリング、広告サプライチェーン、シェアードエコノミーのような非常にスケーラブルなコンピュテーションをサポートすることはZilliqaの使命である。Zilliqaはこのようなスループットやスケーラビリティの要件をいま満たすことができない具体的なアプリケーション(Dapps)にフォーカスを当てている。

1. 自動化された高ボリュームのオークション

Zilliqaはトークントレードを行うDappスイートを構築するのに適している。トレードアプリケーションは数名の売主からのデジタルトークンを潜在的な買主の集団の間で並行してオークションにかけることができるべきである。ブロックチェーン関連プロジェクトの資金調達のために行うクラウドセールの人気上昇に伴って、このようなDappは明らかに有益だ。Zilliqaは高ボリュームかつ大規模にトレードアプリケーションを実行するためのインフラのサポートを提供する。

2. 分散型取引所(DEX)

攻撃耐性や偏りのなさ、潜在的なコスト節減などの分散型取引所のアドバンテージはよく理解されている。だが、既存のパブリックブロックチェーンのパフォーマンス上のボトルネックのせいで、いまのDEXはアピールするには遅すぎるか、ブロックチェーン外で動作する主要なコンポーネントで集権化されている。ZilliqaはDEXがほぼ全ての主要なコンポーネントをブロックチェーン上で実行できるようにするユニークな機会を提供し、DEXの利点を再び享受できるようにする。

3. ハイパフォーマンスな科学的計算

このカテゴリに含まれるアプリケーションの典型例は、大きな行列の演算や、非常に膨大なデータからの検索、大きなデータセットに対するシミュレーションなどである。非常に可用性が高く有力なデータセンタを構築する代わりに、Zilliqaはこれらの計算タスクに安価でターンアラウンド時間の短い代替手法を提供する。Zilliqaにより、SETI(地球外知的生命体探査)のようなボランティアコンピューティングを実験そのものや実験に参加するコンピュータを標的とする攻撃からとても安全にすることができる。さらに、コンピュテーショナルシャーディングに対する正当なインセンティブにより、ZILLIQAを重たい計算負荷にとってすぐに利用できて非常に信頼できるリソースとして利用することができる。

4. 非常に信頼できる結果が求められるアプリケーション

上記のアプリケーションとは別に、フィナンシャルモデルの計算などのようないくつかのアプリケーションは非常に信頼できる結果を要する可能性がある。どんな小さなエラーやミスでも、悪性のないものか悪意ある攻撃により混入したものかによらず重大な資本的または金銭的な損失につながるかもしれない。このようなアプリケーションは、より多くのノードからなるZILLIQAのコンセンサスグループに計算結果を互いにクロスチェックできるようにタスクを与えることができる。このようなフィナンシャルモデリングアルゴリズムの計算タスクをZILLIQAのようなパブリックなプラットフォームにオフロードすることの主要な課題の1つは、データプライバシーとアルゴリズムの知的財産にまつわるものである。まず、効率的かつセキュアな計算を最優先にするもの向けに、このような計算のうちのはっきりと分かっている一定の部分はZILLIQAで実行できるようになると予想している。その一方で、将来のZILLIQAの研究・開発がさらにこのようなアプリケーションに関するデータプライバシーと知的財産の保護を強化することになるだろう。

ZILLIQAポジションペーパー日本語訳4 ←← 前)|(次 →→ ZILLIQAポジションペーパー日本語訳6

免責

邦訳には誤りがある場合がございます。予めご承知おき下さい。

確実な情報を知るためには冒頭に示した原文をご参照くださいますようお願いいたします。

-ホワイトペーパー
-, , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。