ホワイトペーパー

Enigmaホワイトペーパー日本語訳3

更新日:

 本稿について

本稿では、EnigmaのWhitepaperのうち「3 Design overview」の日本語訳を掲載します。

原文はこちらになります。

スポンサードサーチ

3 設計概観

Enigmaは、既存のブロックチェーンに接続するとともにプライベートかつ集約的な計算をオフチェーンネットワークにオフロードするように設計されます。全てのトランザクションはブロックチェーンによって促進され、ブロックチェーンではデジタル署名とプログラムで制御可能なパーミッションに基づくアクセスコントロールが強制されます。

コードはブロックチェーン上(パブリックな部分)とEnigma上(プライベートあるいは計算集約的な部分)の双方で実行されます。ブロックチェーン単独では正当性しか確約しませんが、Enigmaの実行はプライバシーと正当性の両方を確約します。正当な実行の証拠はブロックチェーンに保存され、編集できます。私たちはプライベートコントラクトを使ってエンドトゥエンドの分散アプリケーションを設計するスクリプト言語を供給します。プライベートコントラクトは、プライベートな情報を処理できるスマートコントラクトの強化版です。

スクリプト言語はチューリング完全ですが、スケーラビリティほど重要ではありません。ブロックチェーンにおけるコードの実行は非中央集権的(筆者注:decentralized)ではありますが分散的(筆者注:distributed)ではないので、全てのノードは同じコードを冗長に実行し、同じ公開状態を維持します。Enigmaでは、計算作業はネットワークを通して効率的に分散されます。解釈プログラムは図1に示すようにプライベートコントラクトの実行を分解し、プライバシーと検証可能性を維持しながら実行時間を改善します。

オフチェーンネットワークはブロックチェーン技術単独では対処できない次のような課題を解決します。

  1. ストレージ。ブロックチェーンは汎用のデータベースではありません。Enigmaはブロックチェーンを介してアクセス可能な分散オフチェーンのDHT(分散ハッシュテーブル)を持っており、そこにデータへの参照を保存しますがデータ自体は保存しません。プライベートなデータは、ストレージとアクセスコントロールプロトコルがブロックチェーンにプログラムされる前にクライアントサイドで暗号化されるべきです。Enigmaはスクリプト言語におけるこれらのタスクに対してシンプルなAPIを提供します。
  2. プライバシー強制の計算。Enigmaのネットワークは、正当な実行を確約しつつ、生データをどのノードにも漏洩することなくコードを実行できます。これは、ブロックチェーンの利点を否定するようなやり方でセンシティブなビジネスロジックを処理する中央集権的なソリューションや信頼できるオーバレイネットワークを取り替えるにあたり重要です。計算モデルは第5章で詳しく説明します。
  3. 重たい処理。プライバシーが関心事でない時でさえ、ブロックチェーンは多数の複雑なトランザクションを一掃するところまでスケーリングすることができません。全く同じオフチェーンの計算ネットワークが、ブロックチェーンを通じてブロードキャストする重たく公に検証可能な計算を行うために使用されています。

次稿へ進む

前稿へ戻る

免責

邦訳には誤りがある場合がございます。予めご承知おき下さい。

確実な情報を知るためには冒頭に示した原文をご参照くださいますようお願いいたします。

-ホワイトペーパー
-, , , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。