ホワイトペーパー 調査

KyberNetwork Whitepaper 和訳5

更新日:

前置き

本稿は、個人的なメモ書きとして、KyberNetworkのホワイトペーパー(英語版)を和訳するものです。細かい更新が重ねられているようですが、今回和訳するバージョンはv0.8、2017/8/27に更新されたものです。本稿の和訳対象は第5章です。

基本的に原文に忠実に訳しますので、分かりやすい日本語になっていないところも多々あると思います。一部意味の取れないところは意訳したり、原文のままでは複雑すぎると感じる場合は文章を分割したりする場合がありますので、原文を損なっている可能性があります。また、筆者の語学力の問題で翻訳ミスをしている可能性があります。

以上、予めご承知おきください。原本につきましては次に示しますので、ご参照ください。

スポンサードサーチ

KyberNetwork Whitepaper

原本(英語版)はこちらから。

5.ロードマップ

KyberNetworkのロードマップはいくつかのフェーズを含みます。

5.1.フェーズ0:テストネットの展開

時期目安;2017年8月
KyberNetworkウォレット、メインKyberNetworkコントラクト、準備金ダッシュボードを含む、必要最小限度の機能を備えたプラットフォームを開発する。このフェーズの目的は、全ての主要な機能とアプリケーションを備えたKyberNetworkのベーシックかつファンクショナルバージョンを作ることです。必要最小限度の機能を備えたプラットフォームは公開され、関連するコントラクトはイーサリアムテストネット上に展開されテストされます。

5.2.フェーズ1:基本的なメインネットの展開

時期目安:2018年第1四半期
メインネット上にKyberNetworkの初版を展開します。私たちは、任意のトークンとイーサリアム間の取引と代理支払いをサポートして始動します。私たちはトークンの大量保有者や他のマーケットメイカーとパートナーになり彼らの準備金をKyberNetworkに導入することを計画していますが、私たちの準備金が全ての取引に対応する主要な準備金になりそうです。私たちがサポートするトークンは、市場で高い需要と大きな出来高のある人気のトークンでしょう。

5.3.フェーズ2:任意のトークンペアのサポート

時期目安:2018年第2四半期
このフェーズは、フェーズ1の円滑な実装に伴って簡単に達成されるでしょう。それまでには、私たちは多くの準備金にKyberNetworkに加わってもらおうと思っています。サポートするトークンの数は、私たちが多くの準備金をプラットフォームに取り入れることができるにつれて増加するでしょう。
また、プラットフォームのユーザが効率的にトークンや分配金を好みのトークンで引き出すことをできるようにするAPIを構築するために、KyberNetworkは戦略パートナーと協働します。例えば、多くのプラットフォームやプロジェクトは分配金モデルを利用しています。分配金モデルは、トークン保有者がプラットフォームのユーザから集めた全てのプラットフォームの料金(多くのトークンではスプレッドでしょう)を分配するモデルです。これらのプラットフォームのトークン保有者は、プラットフォームが私たちの関連するAPIを使用していれば、例えばKyberNetoworkを介してシームレスにイーサリアムで分配金を受け取ることができます。

5.4.フェーズ3:高度な金融商品の取引

時期目安:2018第4四半期
開発と運営が安定したら、私たちはフェーズ3を展開し、第4章で論じた高度な金融商品の取引をサポートします。
私たちは分散型ヘッジファンドプラットフォーム(例.Melonportが提供するもの)と協働することを計画しており、これにより人々はトラストレスなヘッジファンドに投資し、効率的な資金管理から利益分配を得ることができます。私たちのチームは、私たちが目標とするところを安全な方法で実現可能にする関連プラットフォーム間で、APIを議論し、交換し、構築する必要があります。同様に創業者やアドバイザーのための権利確定スキームを有するICOプロジェクトとのコラボレーションもまた重要です。

5.5.フェーズ4:クロスチェーン取引のサポート

時期目安:2018年末~2019年初頭
このフェーズの展開により、ユーザはイーサリアム/トークンとビットコインやZcash、イーサリアムクラシックなどの間の取引が可能になります。この目標を達成するには2つの方法があります。つまり、チェーンリレー(例.BTCリレーやZecリレー)を利用するか、チェーン間のコミュニケーションプロトコル(例.CosmosやPolkadot)を利用するかです。私たちはこれらのプロトコルやリレーの開発を間近で観察し、どのソリューションをKyberNetworkで利用するかを決定します。

-ホワイトペーパー, 調査
-, , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨界隈のメモ書きなど。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。